温泉水比較ガイド

温泉水は保存が効かないの?

温泉水は保存が効かないの?

温泉水に関わらず、水の保存期間を気にしたことがない人はたくさんいるのではないでしょうか?普段水道の水を飲む時には直接水道の蛇口から出して飲むか、もしくは浄水器から出る水をそのまま飲むので、わざわざ保存して飲むことは余りありません。保存するとしても麦茶や緑茶やウーロン茶などを水出しで作って、それを冷蔵庫で保存しておくくらいだと思いますが、それでも数日で飲んでしまうので、そんなに賞味期限を気にすることがないのが普通です。

 

そして市販されているペットボトル入りの水にしても長期に及び保存しておくことはあまりないので、その賞味期限はみなさんあまり気にしないのではないでしょうか?しかしそれも災害時の保存水などとなれば、長期に渡り保存しなければいけなくなるので、水の保存期間は覚えておいた方がいいでしょう。

 

水を最も衛生的に保存するのに最適な方法は、ガラス瓶で保存することが効果的で、通常約6ヶ月の保存がきくそうです。しかし瓶だと保存もしにくく、地震などの災害の場合は割れることも考えられるので、その場合に備えてもベストな保存方法はペットボトルです。ペットボトルで保存すると冷蔵庫に入れると水道水でも約6ヶ月、そして表に出しておいても3ヶ月は持つので、普段からまさかのためには備蓄しておく方がいいと思います。

 

そして温泉水の保存期間は、もちろん温泉からすぐ出された温泉水はすぐに飲んだ方がいいのですが、販売されている温泉水には、半年から長ければ10年も保存出来るものがあるので、保存用の水にも向いているのが温泉水なのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ