温泉水比較ガイド

飲む温泉水の価格は、天然水やRO水に比べて安いの?

飲む温泉水の価格は、天然水やRO水に比べて安いの?

昔は日本人にとっては水というものはただで飲むのが常識でした。しかし欧米では昔から水は買って飲むのが当然で、それは以前は日本の水は安全だったということが理由なのです。
しかし近年日本でも環境破壊による水質の低下が目立っていて、水道水をそのまま飲むのに抵抗がある人が年々増えてきました。
さらには今ではスーパーやコンビ二など食料品を販売しているお店であれば、ほとんどで日本や海外のミネラルウォーターなどが販売されていて、水は買って飲むことが常識になってしまいました。そして以前水が販売された当時は、海外からの輸入商品が目立っていて、エビアンをお洒落に飲んでいた人も多いのではないでしょうか?
そして以前は水道の水に抵抗があったからではなく、あくまでも格好良さでエビアンを飲んでいた人が多く、その値段も今の水と比べても非常に高かったと思います。

 

そして、今ではスーパーやコンビ二で販売されている水にもいろいろな種類があって、それはナチュラルウォーター、ナチュラルミナラルウォーター、ミネラルウォーター、ボトルドウォーター、そして温泉水などがあります。そしてその中でも水には硬度というものがあって、硬度は水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量によって決められます。そして肝心な温泉水の価格ですが、これはどの水に対しても言えることですが、一概にはどの水が高い安いは言えません。それは使用する水にもよって違いますし、その製造過程でも違います。しかし温泉水は温泉でそのまま飲めばほとんど無料で、ペットボトルで販売されている温泉水もそんなに他と比べても高くないものはたくさんあります。

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ