温泉水比較ガイド

ゲルマニウム温泉水について

ゲルマニウム温泉水について

ゲルマニウムとは、1885年にドイツの学者であるウイングラー博士が銀の鉱石のアルジロダイトからこの元素を分離することに成功しました。そしてその発明者の国のドイツにちなんで、ゲルマニウムと名づけられました。これ以来ゲルマニウムは工業用物質として注目を集めてきたのです。

 

そのゲルマニウムは自然界には広く分布していますが、他の物質に紛れ込んでいるために、なかなか希少価値の高いレアメタルとして知られています。ゲルマニウムは32度以上の温度や光を当てると100ミクロンほどの遠赤外線が発生すると言われていて、近年ではゲルマニウムにより、人間の健康に良い効果が与えられるとされていて、多くの健康グッズが販売されているくらいです。有名なところではゲルマニウムを身体に貼り付けて、肩こりや痛みなどの原因になる神経細胞の電位のバランスの乱れを正常に戻して、神経細胞を活性化させる肩こりグッズが数多く販売されて、その効果は十分に発揮されています。さらには、ゲルマニウムはマイナスイオンを発生させると言われていて、多くの電化製品にも使用されているのです。

 

そして温泉といえば美容とお肌にいいことは誰でも知っていることで、ゲルマニウムが含まれている温泉には美肌効果があるということで、多くの女性に利用されていますが、ゲルマニウム温泉水は、温泉に入るよりも直接身体の中に取り入れられるということで、美容と健康にはとても注目されているものなのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ