中古マンション住宅ローン-どこの不動産会社で購入?

新築のマンションを購入する場合、通常はそのマンションを売っている売り主の販売会社からしか購入する事は出来ません。
ところが、中古マンションの場合、ほとんどは売主は個人であり、その売主が依頼をした不動産会社が窓口となって広告や販売活動を行いますが、買う場合は必ずしもその不動産会社を通して買う必要はありません。
通常、中古マンションの売却を依頼すると、依頼を受けた不動産会社は、その情報を不動産会社間ネットワークであるレインズに流します。
このレインズはどの不動産会社からでも見られるため、買う側はどの不動産会社からでも購入する事が可能です。
価格交渉や、内見の段取り等売主と直接コンタクトが取れる点で、売主と同じ不動産会社から購入する方がスムースに行く場合もありますが、反面営業マンにとっては契約が全てなので、契約を急がされたり、他の物件を紹介してもらえないといったことも考えられます。
また、不動産会社や営業マンによって付き合いの多い銀行や懇意にしている住宅ローン担当者などがいる場合もありますので、物件相談以外の住宅ローンの相談等でも不動産会社によって対応は変わってきます。
中古マンションの購入の際には、是非いくつかの不動産会社で相談する事をお勧めします。