洗顔石鹸火山灰シラス入ってるのって大丈夫なのか?

「長寿の里/つかってみんしゃいよか石鹸」で一躍脚光を浴びた、火山灰シラスを配合した洗顔石鹸。
そのネーミングの面白さもあって、当初からこの商品は注目度は高かったのですが、その評判は口コミで広がり、発売10周年を迎えた今では、累計販売個数1000万個を超える大ヒット商品となっています。
この石鹸は、鹿児島県桜島の火山灰シラスを使用してつくられているのですが、火山灰シラスとは何なのでしょうか。
火山灰シラスにはどのような美肌効果があるのでしょうか。
そもそも火山灰とは、火山から噴出した細かい破片のうち、直径2mm以下で固まっていないもののことをいいます。
その中でも、九州南部一帯に厚い地層として分布する火山灰を火山灰シラスといいます。
約2万5千年も前の噴火によって噴出して堆積した火山灰が、長い年月をかけ、自然の力によって天然のミネラル成分を豊富に含んだ地層へと変化していったのです。
この火山灰シラスを、さらにミクロンの世界まで微細化していったものが、現在人気の火山灰シラス配合石鹸に配合されています。
微細化された火山灰シラスが、毛穴の奥まで入り込み汚れを吸着するため、毛穴の黒ずみや皮脂の汚れ、古くなった角質層を取り除く効果があるとされているのです。
また、しみやくすみなどにも効果があるともいわれています。
「長寿の里/つかってみんしゃいよか石鹸」は、配合する火山灰シラスをより微細化することで、毛穴汚れへの接触面積が増え、汚れを吸着しやすくなるとしています。
他にも、緑茶エキス、ウーロン茶エキス、黒砂糖、アロエエキス、ローヤルゼリーエキス、コラーゲンなど自然由来の成分を配合。
有効成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合していますので、医薬部外品となっています。
「ブレーンコスモス/火山灰(シラス)でできたすごか石けん」は、火山灰シラスの他、リピジュアをはじめとした多くのうるおい成分を配合した石鹸です。
「わっぜ!!火山灰せっけん」は、桜島火山灰シラスと国産有機栽培茶を配合しています。
以上3種類の石鹸は、いわゆる固形タイプの石鹸ではありません。
練りタイプの石鹸となっています。
「桜島洗顔火山灰せっけん」は、火山灰の粒子のマイナスイオン発生効果により、プラスの電位を帯びた汚れを毛穴の奥から自然に引き出すとしています。
「ユゼ/火山灰せっけん」は、毛穴より小さい平均0.
014mmの微粒子の火山灰シラスを配合しているとされています。
この2種類の石鹸は、固形タイプです。